logo

e-Gateway/シリーズ (現:MOT シリーズ)

(VoIP・Gateway機器)


【特徴】

  • 自由な内線組みが可能
  • 秘話機能に対応
  • スタッカブルで拡張性に富む
  • 競争力のある価格
  • FUSIONのVoIP端末としてトップシェアの導入実績(2003年度導入実績NO,1)
  • リモートサービスをオプションにした信頼性の向上




MOT-BRI (NT/TE) (BRI2400-MNT)
 
 e-Gateway/BRI+ (7510-100/150)の後継機として開発された製品です。
 ファームウェアはNT/TE同一となっており、設定時にレガシーPBX接続かISDN回線収容かを指定します。


 

 

MOT-BRI+ (BRI2400-SIP)

 e-Gateway/BRI+ (SIP Relay版)の後継機として開発された製品です。
 レガシーPBXとの接続を3回線以上行う為に回線1,2となり
 更に他ゲートウェイの呼制御を管理する親機の位置付けとなります。


 

 

e-Gateway/PRI (NT or TE) *注
注: e-Gateway/PRI は呼称変更され、MOT/PRI となっています
 
 中・大企業オフィス向け(Enterprise)向けの装置で、PBXとPRIインターフェースで接続、
 本機1台につき最大23の同時通話まで可能です(46通話可能モデルもあります。)、
 また複数台接続もでき、既設のPBX(INS1500)を容易にIP電話化できます。
 さらにTEモードの利用で、INS1500の直収も可能になります。


 

 

e-Gateway/BRI (5000-100) (販売終了)
 
 中小・中堅企業(SME)向けの装置で、ISDNのS/Tインターフェースで主装置と接続できます。
 本機1台につき、最大4回線分の同時通話まで可能です(複数台接続で8通話、12通話可能・・・)。
 またIP電話とNTT網の両方が使用可能となります。


 

 

e-Gateway/BRI (5100) (5100-100) (販売終了)
 
 e-Gateway/BRI に迂回路を付加した装置で、VoIP網以外にINS64への通品が可能となります。


 

 

e-Gateway/BRI+ (7510-100/150/200) (販売終了)
 
 中小・中堅企業向け装置で5100-100の高機能版ですが、主装置接続以外に様々な使い方が可能です。
 主装置接続として(7510-150)
 5100と比較して処理できる電話番号数が多くなります。
 INS直収機として(7510-100)
 Asterisk等IP-PBXのINS直収容装置として活用できます(3回線)。
 SIP Relay機として(7510-200)
 SIP情報の不透過保証により、VoIP網・IP-PBX・SIP電話機等
 様々な機器・サービスを結合することにお役立ていただけます。


 

 

e-Gateway/ANG2 (2200-200) (販売終了)
 
 既設の電話主装置・アナログI/Fに本機をつなぐだけでIP電話システムが構築でき、
 同時に2通話、更に複数台の接続も可能で、ブロードバンドルータ機能搭載です。