logo


過酷環境とは

Siemens社RuggedComの過酷環境対応への取り組みをご紹介します。


● 過酷環境とはどのようなもの?


変電所に代表される高レベル電磁波の発生する環境、屋外や、高温な工場、ガス工場、石油工場、軍用や道路/鉄道。いずれも重要な通信を行うため、信頼性の高い通信機器の導入が望まれます。




● 電磁波耐性


EMIストレス下でZero-Packet-Loss™ : (KEMA試験済)
  • 電力環境での電磁妨害に非常に強い : IEC 61850-3, IEEE 1613
  • 15の破壊的なタイプ試験をパス
  • IEEE 1613 クラス2性能
  • 非常に重要なミッションである保護リレー・制御に使われるネットワーク






● 熱耐性・衝撃耐性


■どの機器も良好な環境では問題なく動作する:
- SCADAシステムは厳しいストレス下に置かれた時でも
確実に稼動を続ける様にする事が必要 –
  • 温度ストレス
  • 機械的ストレス
  • 電磁的ストレス
■通信障害が発生しそうな状況で、最も通信が必要となる!!



RuggedComのページに戻る