logo

システム機能構成

定義 詳細
スキャナー制御定義 業務別に単票または複数枚で1案件など、帳票の枚数に応じたスキャン設定ができます。
入力項目定義 ファイリング対象書類および入力項目を、お客様にて容易に設定可能です。
最大99業務、1業務当り10書類、入力項目は18項目登録できます。
また、検索項目のキー設定をすることができます。
出力物定義 一般的な帳票はフォーマットを用意しており、ご利用可能です。
その他オリジナルの帳票がEXCELで自由に作成できます。
バックアップ定義 バックアップ機能設定も搭載しており、CDやDVDなどの記録媒体の選択や
バックアップを自動でとる基準(日付やイメージ枚数など)の設定が可能です。
権限の定義 一般や管理者で利用範囲を区別したい時など、業務別、処理工程別の権限の設定が可能です。
セキュリティの強化 ログインユーザ管理を行い、第3者からの不正利用を防止します。
また、ユーザごとに操作ログを取得します。

【オプション機能】
<ソフトOCR機能を搭載>
スキャニングしたイメージデータより該当箇所を自動で読取り、登録情報へ転用し入力の簡素化が図れます。

システム機器構成

【クライアントPC】

  • OS WindowsXP,(WindowsVista),(Windows7)

【サーバー】

  • OS Windows Server2008
  • DB Oracle

【スキャナ】(Canon)

  • DRシリーズ

【複合機】(Canon)

  • imageRUNNER ADVANCEシリーズ

※スタンドアロン版ではサーバーは不要です
※スキャナ・複合機は推奨版となります。